ロレックス買取り豆知識、エクスプローラーIの特徴と買取り相場

ロレックス買取の中でもエクスプローラーIは探検家用として開発が行われたもので、ロレックスの中でも人気を集めています。

このモデルの特徴は、旧モデルのリファレンスは4桁、途中から現行モデルまでは6桁のリファレンスになっており、6桁のリファレンスになったのは2001年からとあります。

また、Cal.3000の後継モデルであり、ブラックダイヤルには3・6・9のアラビア数字、12時位置には三角マークが記されており、視認性を重視したステンレス製のボディを持つシンプルデザインになっています。
更に、このスタイルは誕生当初から変わらないのも魅力の一つでもあり、ロレックス買取りの中でも高価買取りが可能になるモデルになっています。

エクスプローラーIには1953年に登場した「Ref.6150」を初め、「Ref.1016」、1990年代にCal.3000を継承した「Ref.14270」が登場し、2001年になると、Cal.3130を搭載したモデルに進化をしており、7代目のモデルになるとリファレンスが6桁となり。「Ref.214270」が誕生しています。

尚、100メートル防止、ケース径は39mm、ステンレススチールの素材、ダイヤルは黒色、ブレスタイプはオイスターブレスと言ったスペックとなっており、製造年に応じてロレックス買取り査定は異なりますが、現行モデルの「Ref.114270」の買取り参考価格は、新品同様のレベルで37万円前後、中古良品レベルで35万円前後、中小の傷が在り、使用感が在るもので32万円前後となります。